CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
オニールの成長株発掘法 − 良い時も悪い時も儲かる銘柄選択をするために
オニールの成長株発掘法 − 良い時も悪い時も儲かる銘柄選択をするために (JUGEMレビュー »)
ウィリアム オニール, 竹内 和巳, 松本 幸子, 増沢 和美, William J. O'Neil
MOBILE
qrcode
連騰

JUGEMテーマ:株・投資

 

米国時間18日のイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の講演を手掛かりに、外国為替市場で急速に円安・ドル高が進行。円安を好感して主力の輸出関連株に見直し買いが入ったほか、株価指数先物を中心に売り方による買い戻しも入り、上げ幅を200円超に拡大する場面があった。
イエレン議長は米利上げペースについて「2019年末まで年2、3回」と述べ、日米金利差の拡大を意識したドル買い・円売りが優勢になった。業績改善期待からトヨタなど自動車株が総じて上昇したほか、長期金利の上昇を手掛かりに保険株や銀行株の上げも目立った。


 日経平均      19,072.25(  +177.88)    ※東証一部売買高     22.54億株
 TOPIX          1,528.15(   +14.29)    ※東証一部売買代金  22,666億円
 東証マザーズ     965.33(    -6.49)    ※マザーズ売買高   49.26百万株
 日経JASDAQ平均 2,787.80(    +1.48)    ※JASDAQ売買高    245.41百万株


 信用残(億円)   評価損益率(%)
  売り残    -10.585%
  買い残     -6.011%


本日のトレード:なし


年末資産:年初比マイナス 20万円

| 株式投資 | 21:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
反発

JUGEMテーマ:株・投資

 

午後に外国為替市場で円高進行が一服し、投資家心理が改善した。株価指数先物への買い戻しが増え、現物株への裁定買いを誘った。


 日経平均      18,894.37(   +80.84)    ※東証一部売買高     18.18億株
 TOPIX          1,513.86(    +4.76)    ※東証一部売買代金  22,282億円
 東証マザーズ     971.82(    +6.66)    ※マザーズ売買高   52.36百万株
 日経JASDAQ平均 2,786.32(    +3.10)    ※JASDAQ売買高    268.71百万株


 信用残(億円)   評価損益率(%)
  売り残     -9.653%
  買い残     -6.310%


年末資産:年初比プラス 72万円

| 株式投資 | 22:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
大幅続落

JUGEMテーマ:株・投資

 

終値が1万9000円を下回るのは昨年12月9日(1万8996円37銭)以来、およそ1カ月半ぶり。20日のトランプ次期米大統領の就任式や、日本時間17日夜のメイ英首相の欧州連合(EU)離脱に関する演説を前に、ヘッジファンドなど海外勢が持ち高を調整する売りを出した。
この日の日経平均は、昨年11月の米大統領選後の「トランプ相場」が始まって以降で最も下げ幅が大きかった。17年に入ってからは9営業日中6営業日で下げており、株価の下落基調が鮮明になっている。

信用売り残の評価損率がかなり減少したので、売り方の利食いがそれなりに出たようだ。これに比して買い残のそれはまだ6%にあり、まだまだ大きな調整が期待できるようだ。


 日経平均      18,813.53(  -281.71)    ※東証一部売買高     17.10億株
 TOPIX          1,509.10(   -21.54)    ※東証一部売買代金  20,942億円
 東証マザーズ     965.16(    -6.86)    ※マザーズ売買高   85.34百万株
 日経JASDAQ平均 2,783.22(   -13.94)    ※JASDAQ売買高    163.72百万株


 信用残(億円)   評価損益率(%)
  売り残     -9.196%
  買い残     -6.521%


年末資産:年初比プラス 142万円

| 株式投資 | 20:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
反落

JUGEMテーマ:株・投資

 

日経平均株価は反落し、前週末比192円04銭(1.00%)安の1万9095円24銭で終えた。2016年12月9日(1万8996円37銭)以来の安い水準となる。外国為替市場での円高基調を嫌気した、利益確定や持ち高調整を目的とした売りが優勢だった。
英国の欧州連合(EU)離脱がEU単一市場へのアクセスを失う形で進む「強硬離脱(ハードブレグジット)」への警戒感が高まり、リスク回避の流れが広がった。外国為替市場では円相場が一時、1ドル=113円台後半まで上昇し、日経平均は後場寄り直後に下げ幅を220円超まで拡大する場面があった。

 

信用買い残の評価損率はまだ5%を呈しており、投げはまだまだ出ていないと思われ、先行きの下落が楽しみである。


 日経平均      19,095.24(  -192.04)    ※東証一部売買高     14.69億株
 TOPIX          1,530.64(   -14.25)    ※東証一部売買代金  18,872億円
 東証マザーズ     972.02(    -6.34)    ※マザーズ売買高   48.22百万株
 日経JASDAQ平均 2,797.16(    -6.14)    ※JASDAQ売買高    209.23百万株


 信用残(億円)   評価損益率(%)
  売り残    -10.653%
  買い残     -5.491%


年末資産:年初比マイナス 20万円

| 株式投資 | 21:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
反発

JUGEMテーマ:株・投資

 

外国為替市場での円高一服を受け、投資家心理が改善した。前日に下落した反動から自律的な反発を期待した買いや企業業績の拡大を期待した押し目買いが入った。


 日経平均      19,287.28(  +152.58)    ※東証一部売買高     16.00億株
 TOPIX          1,544.89(    +9.48)    ※東証一部売買代金  22,566億円
 東証マザーズ     978.36(   +15.78)    ※マザーズ売買高   68.98百万株
 日経JASDAQ平均 2,803.30(    +3.71)    ※JASDAQ売買高    135.29百万株


 信用残(億円)   評価損益率(%)
  売り残    -11.483%
  買い残     -4.462%


年末資産:年初比マイナス 78万円

| 株式投資 | 22:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
反落、トランプ会見

JUGEMテーマ:株・投資

 

外国為替市場での円相場の上昇を受け、利益確定の売りが優勢だった。JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も反落した。
トランプ次期米大統領が当選後に初めて臨んだ記者会見では市場の関心が高い経済対策について言及がなく、外国為替市場でドルの買い持ちを解消する売りが膨らんだ。円相場が一時、1ドル=114円台前半まで上昇し、株式相場全体の重荷となった。円高を受け輸出関連株が総じて下落したほか、米長期金利の低下を受け、金融株もさえなかった。


 日経平均      19,134.70(  -229.97)    ※東証一部売買高     20.07億株
 TOPIX          1,535.41(   -14.99)    ※東証一部売買代金  23,761億円
 東証マザーズ     962.58(   -12.81)    ※マザーズ売買高   64.34百万株
 日経JASDAQ平均 2,799.59(   -10.88)    ※JASDAQ売買高    136.95百万株


 信用残(億円)   評価損益率(%)
  売り残    -11.204%
  買い残     -4.810%


年末資産:年初比マイナス 22万円

| 株式投資 | 22:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
反発

JUGEMテーマ:株・投資

 

前日までの株価下落を受けた押し目買いが優勢だった。日経平均は取引時間中に一時、上げ幅を100円超まで広げ、1万9402円17銭まで上昇する場面もあった。もっとも、米国時間11日にトランプ次期米大統領の記者会見を控え、同氏の発言への警戒感もあって上値は限られた。


 日経平均      19,364.67(   +63.23)    ※東証一部売買高     19.44億株
 TOPIX          1,550.40(    +8.09)    ※東証一部売買代金  21,801億円
 東証マザーズ     975.39(   -11.47)    ※マザーズ売買高   65.89百万株
 日経JASDAQ平均 2,810.47(    +1.96)    ※JASDAQ売買高    143.95百万株


 信用残(億円)   評価損益率(%)
  売り残    -12.112%
  買い残     -3.937%


年末資産:年初比マイナス 142万円

| 株式投資 | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
続落

JUGEMテーマ:株・投資

 

9日の米ダウ工業株30種平均や原油先物相場などが下落し、外部環境の悪化を嫌気した売りが先行した。外国為替市場で円相場が一時1ドル=115円台前半まで上昇したことも重荷となり、後場は下げ幅を200円近くまで広げる場面があった。


 日経平均      19,301.44(  -152.89)    ※東証一部売買高     18.94億株
 TOPIX          1,542.31(   -11.01)    ※東証一部売買代金  25,992億円
 東証マザーズ     986.86(    +5.85)    ※マザーズ売買高   57.10百万株
 日経JASDAQ平均 2,808.51(   +16.13)    ※JASDAQ売買高    134.37百万株


 信用残(億円)   評価損益率(%)
  売り残    -11.626%
  買い残     -3.769%


年末資産:年初比マイナス 136万円

| 株式投資 | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
小幅続落

JUGEMテーマ:株・投資

 

前日の外国為替市場の円相場が対ドルで上昇したのが嫌気され、下げ幅は160円を超える場面もあった。2016年12月の米雇用統計の発表を日本時間今夜に控えた3連休前とあって、持ち高調整を目的とした売りが優勢だった。


 日経平均      19,454.33(   -66.36)    ※東証一部売買高     18.61億株
 TOPIX          1,553.32(    -2.36)    ※東証一部売買代金  23,537億円
 東証マザーズ     981.01(    -0.29)    ※マザーズ売買高   68.22百万株
 日経JASDAQ平均 2,792.38(   +11.28)    ※JASDAQ売買高    104.80百万株


 信用残(億円)   評価損益率(%)
  売り残    -12.317%
  買い残     -3.578%


年末資産:年初比マイナス 200万円

| 株式投資 | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
まちまち

JUGEMテーマ:株・投資

 

輸出関連を中心とする主力株に、外国為替市場での円高・ドル安を嫌気した利益確定の売りが出た。日経平均の下げ幅は100円を超す場面もあったが、下値では出遅れていた国内投資家による押し目買いが入り相場を下支えした。JPX日経インデックス400や東証株価指数(TOPIX)は小幅に続伸した。


 日経平均      19,520.69(   -73.47)    ※東証一部売買高     20.46億株
 TOPIX          1,555.68(    +1.20)    ※東証一部売買代金  24,359億円
 東証マザーズ     981.30(   +26.21)    ※マザーズ売買高   56.48百万株
 日経JASDAQ平均 2,781.10(   +14.88)    ※JASDAQ売買高     97.15百万株


 信用残(億円)   評価損益率(%)
  売り残    -12.826%
  買い残     -3.256%


年末資産:年初比マイナス 180万円

| 株式投資 | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/248PAGES | >>