CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
オニールの成長株発掘法 − 良い時も悪い時も儲かる銘柄選択をするために
オニールの成長株発掘法 − 良い時も悪い時も儲かる銘柄選択をするために (JUGEMレビュー »)
ウィリアム オニール, 竹内 和巳, 松本 幸子, 増沢 和美, William J. O'Neil
MOBILE
qrcode
内シャント再建術成功
 人工血管による内シャント再建術を予定されたが、超音波にて、比較的しっかりした静脈があることを認めたので、極力自己血管による内シャント造設を強く希望して、オペに入り、色々あったが、何とか、自己血管による内シャント造設に成功した。
人工血管使用では、今後のケアが大変で予後も大きく悪くなるところであったので、ひとまずはほっとしているところ。
| 透析 | 21:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
内シャント再灌流失敗
 12月11日予定通り、本院に入院して、経皮経動脈的に内シャント閉側部の再開通を試みたが成功せず。翌12日に再建オペを予定して終了。残念。
| 透析 | 20:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
内シャント閉塞
12月6日(金曜)夜間透析にて血圧低下、帰宅後、冷汗、眩暈、一瞬の意識消失、嘔気嘔吐などあり、血圧測定不能になった。
しばらくして徐々に戻ってきたので、翌日も普通に仕事をしたが、うかつなことに内シャント音の確認せず日時が経過。
12月9日(月曜)の夜間透析時に、内シャント閉塞を発見し、その日は動脈直接穿刺と返血は右下肢静脈利用して、何とか透析終了。12月11日に、現在の施設の本院に当たる病院への連絡紹介で入院シャント再建術を予約し帰宅。翌日は普通に全日仕事をこなす。12月11日にまずは経皮動脈からシャント閉側部の再開通を目指すことになった。
 
| 透析 | 23:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
内シャント再建術成功
 人工血管による内シャント再建術を予定されたが、超音波にて、比較的しっかりした静脈があることを認めたので、極力自己血管による内シャント造設を強く希望して、オペに入り、色々あったが、何とか、自己血管による内シャント造設に成功した。
人工血管使用では、今後のケアが大変で予後も大きく悪くなるところであったので、ひとまずはほっとしているところ。
| 透析 | 21:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |